1 :朝一くんφ ★@\(^o^)/:2014/10/09(木) 21:11:11.53 ID:???.net
【10月9日 AFP】人間は肉体的な死を迎えた後も意識を持ち続けている可能性があるとした、重度の心不全に陥った入院患者2000人以上の調査に基づく異色の研究論文が、6日の欧州学術誌「Resuscitation(蘇生)」(電子版)に発表された。

英サウサンプトン大学(University of Southampton)などの研究チームが行った今回の研究の目的は、心臓や脳の活動が停止する臨床死から回復した人々が語る「臨死体験」などの現象を調査することだ。

研究では、心停止患者2060人のうち、蘇生した330人の中の101人に対して、後に2段階に及ぶ詳細な聞き取り調査を行った。データは英国、オーストリア、米国にある15か所の病院の心停止患者2000人以上に関するものが用いられた。

その結果、39%の患者が、心臓が再始動する前に意識があることを自覚していたが、その間に起きた出来事については明確な記憶がないと答えた。

サウサンプトン大で今回の研究を率いたサム・パーニア(Sam Parnia)氏は「脳の損傷や鎮静剤が記憶の想起に及ぼす影響が原因で、当初は精神活動があったが、回復後にその記憶を失った人はさらに多くいることを、この結果は示唆している」と指摘する。

恐怖、暴力などの感覚やデジャブ(既視感)を感じたり、親族、動物、植物などの映像が浮かんできたりしたと答えた患者は全体の46%に上った。

一方、体から分離する感覚といった一般的によく知られている臨死体験を報告した患者は9%にとどまった。

また2%の患者は、肉体的に「死んでいた」間に「見た」り「聞いた」りした出来事を明確に思い出せると答えた。

このように答えた患者のうちの1人は、研究者らが患者の臨死体験の継続時間を測るために3分間隔で鳴らしたブザー音を2回聞いていると話した。

「これは重要な意味を持つ。なぜなら、死に関連する体験についてはこれまで、心臓が停止する前か再始動に成功した後に発生する幻覚や錯覚であり、心臓が鼓動していない間に起きた『現実』の
出来事に対応した体験ではないとみなされてきたからだ」とパーニア氏は説明する。同氏は現在、米ニューヨーク州立大学(The State University of New York)に所属している。

「この患者のケースでは、心拍がなかった3分間に、意識と自覚があったと思われる」

「脳の機能は通常、心臓停止後20~30秒以内に停止し、心臓が再始動するまで再開しないとされている。このケースはそれに矛盾している。さらにこのケースでは、視覚的認識に関する詳細な記憶が、その場で確認された出来事と合致している」

 パーニア氏は、意識が臨床死の後も続くかどうかを調べるには、さらに研究を重ねる必要があると話している。(c)AFP

2014年10月09日 12:02 発信地:パリ/フランス 科学・技術 

141011-1401
 

仏西部アンジェ(Angers)にある病院での心臓外科出術で、患者の容体を伝えるモニター(2013年10月24日撮影、資料写真)。(c)AFP/JEAN-SEBASTIEN EVRARD
http://www.afpbb.com/articles/-/3028501


元スレ:【人間】肉体的な死後も「意識」はあるか、研究
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1412856671/


16 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 21:27:29.03 ID:WxCXqGkb.net
>>1
火葬はやめましょう。 火葬場で、何時間もの、すごい苦しみの中で死んでいっている可能性がある。

21 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 21:31:12.60 ID:lcP0kZ7p.net
>>16
土葬もそれはそれでキツいらしいぞ。

35 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 21:53:46.25 ID:rh1c80Ih.net
>>16
『何時間も』とか、お前の住んでるトコじゃカセットコンロで焼いてるのか?
仏さんが常識外れのピザならともかく、普通45分位で焼き上がるぞ

39 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 22:08:32.88 ID:C7P6LFf3.net
>>16
医師の死亡診断から最低24時間は火葬されない。
24時間以上経って体内に生きている細胞が残っている可能性は
あるが、神経細胞が組織的な活動をしている見込みは
限りなくゼロに近い


2 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 21:13:24.69 ID:g5r7gZGw.net
生き返った後、死後の話しをされても妄想としか思われないのがつらい

3 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 21:13:30.96 ID:ZtJmvwiR.net
蘇生可能な脳みそは意識の片鱗はある。
蘇生不可能な脳みそにそれはない。

4 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 21:14:04.77 ID:Cmau1/i2.net
ゾンビがしゃべった!

5 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 21:14:35.09 ID:2ZYINoOk.net
エネルギーの補給は?

6 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 21:15:20.04 ID:n7d/t5u3.net
丹波哲郎も驚いた


7 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 21:16:15.72 ID:ZtJmvwiR.net
もし蘇生術をしなければそれはなかったことになる。
蘇生術を施しても蘇生しなければやはり意識はない。

蘇生可能な脳みそが蘇生術によって蘇生してはじめて意識があったことになる。
駄文失礼。

68 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/10(金) 01:59:18.06 ID:pgCF6W4F.net
>>7
 シュレディンガーの猫みたいなものか

9 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 21:17:44.80 ID:lcP0kZ7p.net
ようは心臓が止まったか、再始動したか、ではなく、
脳が生きてるか死んでるか、ということだろ。

心臓停止直後でもまだ脳は生きてるから、音を聴いた記憶が残ってるんだろう。
でもそれは蘇生して意識を取り戻してから、その記憶を認識できるんだろうな。


13 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 21:22:50.42 ID:7dblLp/z.net
「意識は特別な何か」と思いたいが、確かに寝ている時は意識を失っているんだよな。
特に手術前に麻酔を打たれたら完全に意識をなくして、手術中に死んだらそのまんまなんだから恐ろしい。

18 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 21:29:06.20 ID:lcP0kZ7p.net
>>13
亡くなったことに気づかない人は、生きてるつもりだから、自分の葬式にも出席するんだと。
だからその場合は、喪主席の隣に一席設けておくんだって。
そうするとそこにちゃんと座ってる。んで、自分の葬式を眺めてもらって、
ほとんどの人はそこで自分が亡くなったんだってことを理解して、成仏してくれる、

と知人の霊感あるお坊さんが話していたよ。

22 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 21:32:24.78 ID:8jlQthKY.net
霊界があるってことじゃないなら、死んだ後の少のあいだ意識が残っても
ぜんぜん楽しくない。
死ぬのがこわいことには変わりない。

23 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 21:33:02.46 ID:wuCSOP9I.net
脳死とか信用しないわ

24 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 21:35:59.50 ID:Cmau1/i2.net
この手の俯瞰アピールは信用しない


25 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 21:38:11.29 ID:qz/ghe3G.net
チベットの死者の書でも読んでみればいいのに・・・

37 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 22:01:52.43 ID:cWhBpu9f.net
>>25
どういう訳だか開祖のブッダ自身は死後の世界も霊魂の存在に関しても語っていなかったんだよな

40 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 22:09:03.99 ID:uPWYeGEx.net
>>37
それは簡単な話だよ。
お釈迦さんのように悟った人は個人としての意識がなくなるので、
幽体そのものを持たない為に、ニルバーナとして「空」の中に消え
てしまうからだよ。
悟っていない凡夫は、自分と言う個人が存在していると思っている
ので、その自分意識が輪廻転生を繰り返すのだよ。これは、「唯識学」
でも説明されている正統仏教学の説明なのだよ。

41 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 22:15:46.50 ID:cWhBpu9f.net
>>40
なるほど~

75 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/10(金) 03:14:25.52 ID:y8Okn8ob.net
>>40
おやじ、涅槃で待つと言った人は

77 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/10(金) 03:29:37.25 ID:SjUHejW4.net
>>75
涅槃というのは悟りを開いた人が行くところ(空)だから、
沖雅也は行けない。別の霊界でおやじを待つ以外にない。
大体、心中しても行き先は別々になるのが普通だと言われて
いる。人は自分自身が作った夢の世界に生き続けるもので、
そのような夢から完全に覚めた人がお釈迦さんだ。ブッダ
(Bubrha) とはサンスクリットで「目覚めた者」の意味。

31 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 21:47:32.37 ID:9jdmvOzP.net
ないし。いらない。
昔、麻酔で1日意識を失ってた事あった。
その時、意識がない中でもずーーーーと苦しかったのを鮮明に覚えている。
植物人間も何年も意識はなくとも苦しんでいる可能性がある。
そうなったら1秒でも速めに止めてほしいものだ。医療費もったいないし。

33 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 21:50:08.90 ID:KDKeAX6M.net
ヒント:記憶は嘘をつく


36 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 21:58:23.39 ID:uPWYeGEx.net
霊感の鋭い人は、死後数日間は亡くなった家族と精妙な会話ができるらしい。
昔から仏教では「四十九日」と言われているが、死後一ヶ月ぐらいは故人も
家族の周りにいるようだ。その後、先祖のお迎えが来て霊界に連れて行かれる
と言われている。だから霊感の強い人でも、死後おおよそ五十日以降は故人と
会話をすることができなくなるらしい。

38 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 22:05:22.52 ID:rh1c80Ih.net
>>36
>死後一ヶ月ぐらいは故人も家族の周りにいるようだ。

俺のオナヌーとか見られてんのかよ、やだなあ

67 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/10(金) 01:53:56.58 ID:XFCWTsT1.net
>>38
小さい時、面倒を見てくれた親戚のおばさんが亡くなった頃、おかしな事が頻繁に起きたわ
エロ動画見てる時、テレビが突然消えたり蛍光灯が突然消えたりクラップ音が頻繁に鳴ったり

亡くなったのを知ったのは、その3ヵ月後位に喪中葉書で、遠くの親戚には知らせずに密葬にしたらしい。 
これが俺の唯一の不思議体験、8年位前かな。

46 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 22:23:36.63 ID:E5xu9sMn.net
>>36
何故か動物(ペット)も一か月位はいるよ

43 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 22:16:53.88 ID:hJBHGSfW.net
大動脈解離の人工血管置換術で心臓を3時間止められ、血液を体外循環
させるまで脳への血流も30分間止められながらも生還したワイ、高みの見物。

44 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 22:22:53.58 ID:qzuixJUM.net
意識があった、というのは覚醒する前後で朦朧とした中で夢を見た様なもので
後付けで言われても見れば意識があった様な気がする、というレベルじゃないの?

45 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 22:23:27.91 ID:IEJP6qFd.net
魂が輪廻転生する限り、意識は永遠に続く
記憶は定かではない

54 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 23:10:47.62 ID:3vLRQ2vg.net
血流が止まるから通常のようには機能しないってだけで
脳細胞が働いていれば意識はうっすらあるだろうな


56 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 23:18:12.65 ID:xf/txFpc.net
意識というのはおまいらの言うところの4次元空間にあるんだよ。
脳は、これらの意識から影響を受けるだけのただのダイオードやコンデンサといったレベルの単純素子で脳の神経網
に記憶があるわけじゃない。ぶっちゃけCPUと同様にCPUそのものはPC上の個人情報を持たないのと同じ。記憶デバイスは別にある。
ちなみに脳が壊れるとこれら4次元空間上の意識情報を正しく読み書きできなく情報の処理もできなくなる。
そのため意識や知識レベルでの機能不全に陥ったり人格まで変わったようにみえる。
実際は3次元空間上の肉体(脳)がバグって暴走しているだけ。4次元空間上の意識そのものは無傷ですから。
だから、物理的には転生もあるしテレパシーや過去や未来の人との意思疎通も可能なのですよ。当然予知も可能

59 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/09(木) 23:44:41.70 ID:kkCw+FQd.net
脳って、直ぐに落ちちゃうじゃん
深呼吸をして数回して、胸を押す遊びじゃ無意識になる

60 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/10(金) 00:11:42.38 ID:sfSCwZx6.net
脳の機能は通常、心臓が止まってから20秒ほどで止まるとされている、
ってとこが違ってるかもよ、って話ではないのか?

61 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/10(金) 00:29:22.76 ID:gKxTI06f.net
機能停止は知らんけど、脳外科手術とかで機能復帰するには6分くらいが限界?ってのは(たぶん)昔から言われてること。

65 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/10(金) 01:27:30.68 ID:QfYiGBhK.net
思ったより脳が省エネ運転してたってだけだろ
電池切れまでの猶予が数十秒が数分に伸びだだけ


78 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/10(金) 04:00:08.56 ID:TaLq6ybQ.net
そしてまもなく私は、うっとうしかった一日とあすも陰気な日であろうという見通しとにうちひしがれて、機械的に、一さじの紅茶、私がマドレーヌの一きれをやわらかく溶かしておいた紅茶を、唇にもっていった。
しかし、お菓子のかけらのまじった一口の紅茶が、口蓋にふれた瞬間に、私は身ぶるいした、私のなかに起こっている異常なことに気がついて。すばらしい快感が私を襲ったのであった、孤立した、原因のわからない快感である。(マルセル・プルースト 『失われた時を求めて』)


ノーベル生理学医学賞受賞の利根川進教授が、
脳科学に転じて、睡眠中の被験者の喉に冷たい金属を触れたところ、
目覚めた被験者が、ギロチンで処刑される夢を見たと証言したという。
処刑されたとなれば、そこに至る過程までも夢見てるに違いない。
実に、呼び起こされた記憶は、一瞬の行為に対して過長なものということになる。
かくいう自分も、ベッドから滑り落ちて目覚めた途端、
長い夢の結末が、理由付きの転落死だった。
ある一瞬の刺激が、それに相当するような類似の体験と、
その体験を合理的に誘う過程を構築した上で、瞬間的に脳のシナプスが複雑に関連付けられて、
記憶を一から創出している。実は瞬間的に創出されたものなのに、
長い経路を辿る物語を経験したかのように錯覚している、
人の夢や記憶というのはそのようにして作られたり、作られることもあるのではないかと考えている。


さて、臨死体験だが、心停止後も脳の神経が全て死滅しているわけではないから、
聴覚で得た外部刺激は脳内に蓄積され続けている。
運よく蘇生した時、その蓄積された情報が、瞬間的に脳の情報処理機構によって
物語化されるだろうと推測される。
意識があったわけでも、体験したわけでもないのに、
心停止中の出来事を、自らの体験記憶として回想できるのはそのためだろう。

79 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/10(金) 04:27:23.75 ID:q5Z5K4bq.net
>>78
おもしろーい。自分も漠然と同じことを感じていたが言語化してくれてありがとう。
自分は子供の頃、目を覚ましながら夢を見ることが出来たな。考え事や想像をするのではない。
まるで映画を見せられるように強制的に映像を見せられるようになる。さっきまで見ていた、
アニメの続きが再生されることもあった。面白いから寝る前はよくそれで遊んでいたが、
自分がおかしいと思っていたので誰にも言う事はなかった。大人になってからわかぎえふという人が、
エッセイの中で同じことを言っていたのを読んで、結構良くある体験なんだろうと思った。

82 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/10(金) 04:48:45.56 ID:SjUHejW4.net
>>78
>ある一瞬の刺激が、それに相当するような類似の体験と、
>その体験を合理的に誘う過程を構築した上で、瞬間的に脳のシナプスが複雑に関連付けられて、
>記憶を一から創出している。実は瞬間的に創出されたものなのに、
>長い経路を辿る物語を経験したかのように錯覚している、

↑ それは、これまでにも多くの人々の経験として語られて来たことだと思うが、
その考えをさらに一歩進めると、実は我々の人生そのものが一瞬の出来事である
かも知れないことを示唆しているとも言える。宗教的な神秘体験では、しばしば
時間と空間を超越した世界を見ることが知られているが、我々の時間意識は脳が
作り上げた錯覚かも知れないのである。イエス・キリストは「神の国」を説いたが、
誰かに 「あなたの説く神の世界の本質は?」 と問われた時に、「それは、時間が
ないということだ」 と答えたことが中東世界では伝えられているのである。
お釈迦さんの悟りの世界も時間のない世界である。


80 :名無しのひみつ@\(^o^)/:2014/10/10(金) 04:33:49.72 ID:WHEaxtzF.net
臨死体験は死というストレスを和らげるために過剰分泌された脳内麻薬による幻覚という事で決着したんじゃないの?

てゆーか、死後に意識だけがあるって、PCをシャットダウンしたのにOSだけ起動してるっていうくらいにおかしな話だよね、それって?



AKB48グループ オフィシャルカレンダー2015