最もクールな10大ハイテク歩兵装備(上)

 (1)レーダーヘルメット
 煙霧、暗闇、灌木、壁、砂嵐は部隊の視野を遮り、潜在的な危険を生じさせる。レーダーヘルメットはこの問題を解決するために開発された。兵士はモーションセンサーを通じて半径25メートル内の「動き」を見ることができる。1セット1.1キロ以下で、ヘルメットにかかる重さは半分以下だ。この装備があれば待ち伏せ攻撃をいち早く発見できる。

 (2)ランドウォリアー・システム
 ランドウォリアーはハイテク装備で歩兵を武装する一里塚的な計画だ。都市その他大型装甲車や長距離兵器を使用できない区域で歩兵の戦闘能力を高めることを目的としている。コンピュータ、GPS装置、携帯無線機、ビデオカメラその他のランドウォリアーの装備は、戦場での洞察力と個人戦闘能力を高めるためのものだ。

 (3)リストバンドディスプレイ
 兵士の腕につけられたディスプレイが重要な情報や無線データの送受信の中枢となる。もちろん、他にも多くの用途がある。フレキシブルな電子書籍、伸び広がる携帯電話、丸めてバッグに入れられる携帯テレビといった具合に、民生転用にも大きな将来性がある。

 (4)iPod Touch
 米兵にとって銃以外にiPod TouchやiPhoneも最も重要な携帯装備の1つだろう。iPodは単なる音楽プレーヤーという以上に、適応性と耐久性に優れたマイクロコンピュータだ。実際、米軍がiPodを使用してからすでに何年にもなる。
例えばVcommunicator Mobileというアプリはクルド語やアラビア語での現地人と交流する助けとなる。狙撃手はBullet Flightという弾道計算機を愛用している。射程と大気データを入力するだけで、射撃に必要な重要数値を算出してくれる。この他、電話会議を可能にするアプリ、iPodを爆発物処理ロボット用リモコンに変えるアプリもある。

 (5)ウェアラブル燃料電池
 M-25は燃料電池システムと直接メタノール技術を結合したウェアラブル電源だ。従来型の電池と比べ80%軽量化しているが、少なくとも72時間続けて電力を供給できる。最低20W、最高200Wの電気を持続的に供給できる。

 (6)赤外線暗視装置
 暗視装置によって兵士は暗闇を十分に利用し、優勢に立つことができる。だが暗視機能のみでは完全でなく、将来は近赤外線探測能力も統合することとなる。敵が非常に狡猾で肉眼や普通の暗視装置では発見困難な状況もあるが、新型暗視装置の眼からは逃れられない。どんなにうまく隠れようとも、自らの赤外線信号を遮断するのは不可能だからだ。

 (7)不意の射撃探測器
 複雑な戦場の環境では、パトロール隊は不意の射撃に遭うと混乱に陥りやすい。この時最も大切なのが狙撃手の位置を把握することだ。不意の射撃探測器がこの問題を解決してくれる。重さ約2ポンドで、4つのセンサーによって音を分析し、敵の方位情報を算出して直ちにディスプレイに表示してくれる。

 (8)ハイレベル戦闘ズボン
 陸軍の戦闘服が「耐久性」の問題を抱えることはとうに秘密ではなくなっている。昔は膝を保護するためにパトロール兵はみな膝当てを身につけていた。だが膝当ては長く使うと汗で湿り、固定用のベルトによって腰から太ももの内側にかけての部分も不快になった。解決策は膝の部分にハイレベル弾性繊維を使用すると同時に、臀部にも抗摩耗塗膜の特殊材料を使用し、苦痛を軽減することだ。

 (9)ゴールデンアイ
 ゴールデンアイは兵士用のポータブルコンピュータで、ヘッドホンと0.44インチディスプレイを備える。音声識別技術でデータベースにアクセスし、画像や地図を表示する。車を運転する際にまずカーナビの情報を確認してどこへ行くかを決定するのに似ている。

 (10)防弾パンツ
 ケブラー繊維の強靱性は誰の目にも明らかだ。道路脇爆弾の脅威に対して、兵士の頭にはヘルメット、胴体にも防弾チョッキがある。腰から膝にかけての部位だけが防護が弱く、負傷しやすい。防弾パンツはこうした状況の下開発され、すでにかなり発展している。民間用を開発した会社もある。

 「人民網日本語版」2013年5月7日
http://j.people.com.cn/95952/8235214.html



元スレ:【技術】最もクールな10大ハイテク歩兵装備
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1368019779/




1 :科学ニュース+板記者募集中!@pureφ ★:2013/05/08(水) 22:29:39.61 ID:???
最もクールな10大ハイテク歩兵装備

 (1)レーダーヘルメット 
130510-2001

 煙霧、暗闇、灌木、壁、砂嵐は部隊の視野を遮り、潜在的な危険を生じさせる。レーダーヘルメットはこの問題を解決するために開発された。兵士はモーションセンサーを通じて半径25メートル内の「動き」を見ることができる。1セット1.1キロ以下で、ヘルメットにかかる重さは半分以下だ。この装備があれば待ち伏せ攻撃をいち早く発見できる。


 (2)ランドウォリアー・システム 
130510-2002
 
 ランドウォリアーはハイテク装備で歩兵を武装する一里塚的な計画だ。都市その他大型装甲車や長距離兵器を使用できない区域で歩兵の戦闘能力を高めることを目的としている。コンピュータ、GPS装置、携帯無線機、ビデオカメラその他のランドウォリアーの装備は、戦場での洞察力と個人戦闘能力を高めるためのものだ。


 (3)リストバンドディスプレイ 
130510-2003
 
 兵士の腕につけられたディスプレイが重要な情報や無線データの送受信の中枢となる。もちろん、他にも多くの用途がある。フレキシブルな電子書籍、伸び広がる携帯電話、丸めてバッグに入れられる携帯テレビといった具合に、民生転用にも大きな将来性がある。


 (4)iPod Touch 
130510-2004
  米兵にとって銃以外にiPod TouchやiPhoneも最も重要な携帯装備の1つだろう。iPodは単なる音楽プレーヤーという以上に、適応性と耐久性に優れたマイクロコンピュータだ。実際、米軍がiPodを使用してからすでに何年にもなる。
例えばVcommunicator Mobileというアプリはクルド語やアラビア語での現地人と交流する助けとなる。狙撃手はBullet Flightという弾道計算機を愛用している。射程と大気データを入力するだけで、射撃に必要な重要数値を算出してくれる。この他、電話会議を可能にするアプリ、iPodを爆発物処理ロボット用リモコンに変えるアプリもある。


 (5)ウェアラブル燃料電池 
130510-2005
 
 M-25は燃料電池システムと直接メタノール技術を結合したウェアラブル電源だ。従来型の電池と比べ80%軽量化しているが、少なくとも72時間続けて電力を供給できる。最低20W、最高200Wの電気を持続的に供給できる。


 (6)赤外線暗視装置 
130510-2006
 
 暗視装置によって兵士は暗闇を十分に利用し、優勢に立つことができる。だが暗視機能のみでは完全でなく、
将来は近赤外線探測能力も統合することとなる。敵が非常に狡猾で肉眼や普通の暗視装置では発見困難な状況もあるが、新型暗視装置の眼からは逃れられない。どんなにうまく隠れようとも、自らの赤外線信号を遮断するのは不可能だからだ。


 (7)不意の射撃探測器 
130510-2007
 
 複雑な戦場の環境では、パトロール隊は不意の射撃に遭うと混乱に陥りやすい。この時最も大切なのが狙撃手の位置を把握することだ。不意の射撃探測器がこの問題を解決してくれる。重さ約2ポンドで、4つのセンサーによって音を分析し、敵の方位情報を算出して直ちにディスプレイに表示してくれる。


 (8)ハイレベル戦闘ズボン 
130510-2008
 
 陸軍の戦闘服が「耐久性」の問題を抱えることはとうに秘密ではなくなっている。昔は膝を保護するためにパトロール兵はみな膝当てを身につけていた。だが膝当ては長く使うと汗で湿り、固定用のベルトによって腰から太ももの内側にかけての部分も不快になった。解決策は膝の部分にハイレベル弾性繊維を使用すると同時に、臀部にも抗摩耗塗 膜の特殊材料を使用し、苦痛を軽減することだ。


 (9)ゴールデンアイ 
130510-2009
 
 ゴールデンアイは兵士用のポータブルコンピュータで、ヘッドホンと0.44インチディスプレイを備える。音声識別技術でデータベースにアクセスし、画像や地図を表示する。車を運転する際にまずカーナビの情報を確認してどこへ行くかを決定するのに似ている。


 (10)防弾パンツ 
130510-2010
 
 ケブラー繊維の強靱性は誰の目にも明らかだ。道路脇爆弾の脅威に対して、兵士の頭にはヘルメット、胴体にも防弾チョッキがある。腰から膝にかけての部位だけが防護が弱く、負傷しやすい。防弾パンツはこうした状況の下開発され、すでにかなり発展している。民間用を開発した会社もある。(編集NA)

 「人民網日本語版」2013年5月7日
http://j.people.com.cn/95952/8235214.html


3 :名無しのひみつ:2013/05/08(水) 22:37:55.30 ID:1J9QyeP/
熱光学迷彩はよ。
京レの隠れ蓑は?

4 :名無しのひみつ:2013/05/08(水) 22:41:28.84 ID:8qRS7Qm6
ACマダァ-? (・ω・` )っ/凵⌒☆チンチン


6 :名無しのひみつ:2013/05/08(水) 22:45:40.29 ID:lWnKUJnj
10のアイテムを見て、気がついたことがないだろうか?
そう、肉体を直接防御するものが無いのだ。昔の鎧や兜や盾に相当するもの。

現代の白兵戦では撃たれたら防ぎようがない。だから防御アイテムはない。

37 :名無しのひみつ:2013/05/09(木) 03:21:01.36 ID:rrh/sZAC
>>6
防弾チョッキのよろい着てるジャン
銃の威力の規制が無くなればよろいが意味を成さなくなると思うけど

38 :名無しのひみつ:2013/05/09(木) 03:38:18.52 ID:cnH4mY0J
 130510-2011

時代別歩兵用装備の進化とコスト

>>6
バカは黙れ

12 :名無しのひみつ:2013/05/08(水) 23:29:36.06 ID:MleHD18x
>>10
こういうのはせいぜい爆風で飛んできた小石だのを防ぐ程度だよ。
たとえ防弾チョッキだろうがヘルメットだろうが
ライフル弾の直撃にモロに耐えるのはほとんど無いと思う。

17 :名無しのひみつ:2013/05/09(木) 00:01:22.93 ID:xqXrhoHN
>>12
小石て…
ヴェトナム戦争時代からボディアーマーは爆弾や砲弾の破片に対しても
致命傷にならない程度にまで抗堪する性能があっただろ。

64 :名無しのひみつ:2013/05/09(木) 20:57:54.06 ID:1xAVQxGb
>>12
無いと思うワロタ
感想やん

80 :名無しのひみつ:2013/05/10(金) 17:00:57.70 ID:247ESu0x
>>12
時代はプレートキャリアですぜ、アニキ。
防御範囲は限られるけど、7.62mm×51の徹甲弾だって防げるよ。


14 :名無しのひみつ:2013/05/08(水) 23:53:15.28 ID:w1uVZYNP
何でこれが入ってないんだよ?
十徳ナイフレベルの万能さを誇る中国の多目的軍用シャベル

http://gigazine.net/news/20101221_wjq308/

27 :名無しのひみつ:2013/05/09(木) 01:18:50.86 ID:Rr8xAv7p
>>14
アマゾンで買えるのかw
怪しさ爆発だなぁw

33 :名無しのひみつ:2013/05/09(木) 03:00:59.25 ID:DOcGEwQa
>>14
さすが陸軍国

これを持ったジャッキーチェンとは死んでも対峙したくない

63 :名無しのひみつ:2013/05/09(木) 16:47:30.63 ID:WXi1C3Ry
>>14
やべえちょっと欲しいw
でも13000は高い。
簡易版の408なら3000円で売ってるみたいだが、それでも高い。
似たようなのが半額だし。

78 :名無しのひみつ:2013/05/10(金) 16:40:42.79 ID:uujqENiv
>>14
欲しいな


32 :名無しのひみつ:2013/05/09(木) 02:31:32.13 ID:b90/Htw3
実際は米軍で進めていた次世代歩兵システムは>>1とはかなり
話が違う


1.敵の塹壕の真上で爆発する/狙撃兵のいるビルの部屋に正確に投げ込める
  携行弾数の多い20mm榴弾

 1)敵の機関銃陣地や、狙撃兵のいるビルの部屋を制圧するために
   手りゅう弾を投げ込みたいが、手では距離が届かず、命中精度がわるい
          ↓
 2)小銃の下に火薬で40mm榴弾を発射する擲弾筒をつけて使っているが
   山なりの弾道で、うまく相手の機関銃陣地/ビルの部屋に投げ込めないし
   携行弾数もすくない
          ↓
 3)20mmの小型の榴弾にして反動を軽減しつつ高初速で発射して  
   直進弾道で飛ばして、ビルの部屋に正確に投入したり、塹壕の上で
   正確に破裂するようにしてみた

   レーザー距離計で、正確に敵の機関銃陣地までの距離を測って
   銃内蔵コンピューターが、20mm榴弾のプログラマブル信管に
   弾体のスピン回数比例で爆発距離を電子的に設定する
   
 4)あわせて、89mmバズーカ砲弾のミニチュアのような20mm対装甲榴弾が
   開発されて、戦車相手はムリだが、装甲車の前面装甲は撃ち抜ける


34 :名無しのひみつ:2013/05/09(木) 03:01:12.08 ID:WjCvx2QL
>>32
XM29とそれにまつわる計画のことだと思うが
重すぎて装備不可能なので中止になってますよ

っつか>>1はそこに書いたシステムとは直交的で同時に装備して相互補完する物だが。

40 :名無しのひみつ:2013/05/09(木) 03:53:52.36 ID:b90/Htw3
>>34
まあ、そうだよね

セラミックプレート付き防弾チョッキは重く
その上に、重すぎる銃
さらに、電池や燃料電池や燃料を装備したら、分隊長は行軍で過労死してしまう

さらに、戦車・装甲車の車載12.7mm機関銃の後継である25mm擲弾筒の弾と
20mm弾が別では兵站上不都合だし、実験したら20mmは威力不足だった

弾も1発35ドルのはずが、現在の少量生産価格は1発1000ドルだ
---------
だから、
 1)小銃はとりあえず分離して軽くして
 2)口径は25ミリに統一

XM25IAWS(個人襲撃兵器システム)米兵愛称「Punisher(お仕置き銃)」
としてアフガニスタンで実戦テストされ好結果だったようだよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/XM25_IAWS
--------------
科学は 珍技術博覧会ではないから「新規性」だけではダメで

 社会的ニーズ=「社会的便益性」=解決しようとする問題
 費用対効果 =「経済効率」も明確でないといけない

前線の兵士たちにとって、兵器は玩具ではなく
 自分達の命を奪う、機関銃陣地や ビルに潜む狙撃兵を排除したり
 遠くから押し寄せてくる敵の大軍を、小銃交戦距離に迫られてしまう前に
 味方の砲兵にやっつけてもらうための「命を助けてくれる道具」だからな

 
72 :名無しのひみつ:2013/05/10(金) 00:12:14.31 ID:mQGoRehq
>>40
元から何十キロとかする荷物持って行軍するんだし多少重くなってもへっちゃらなんじゃないか
でも咄嗟の戦闘になった時に銃や身に着けてるものが重いとすぐに取り外すこともできないからそこが問題だろうな
パっと手放せる荷物はいいけど

74 :名無しのひみつ:2013/05/10(金) 05:20:21.24 ID:Qe12xlq0
>>72
> 元から何十キロとかする荷物持って行軍するんだし多少重くなってもへっちゃらなんじゃないか
これはないよ
体感的に30kgと33kgは大差ないかもしれないが(実際持った感覚は大差ない)
増やせば増やしただけ消費カロリーは増えるし如実に体力を奪うし足も遅くなる。
装備する弾丸増やせばそっちの重量も増えるし。

それに食料は行軍中に消えて軽くなるが武器の重さは最後まで残るんで
体力を消耗しきった兵士に余計な重量がのしかかるのが不評なのは
WW2からベトナム戦争までずっとそう。



15 :名無しのひみつ:2013/05/08(水) 23:53:59.84 ID:/gdsMeAV
ボトムズ思い出すな

18 :名無しのひみつ:2013/05/09(木) 00:10:55.09 ID:q18OrDis
一応ライフル弾を防げるボディアーマーもある
ケブラー繊維だけだと弾速が速くて繊維の崩壊が間に合わないのでプレートも入れて補強する
だからクッソ重い

19 :名無しのひみつ:2013/05/09(木) 00:18:10.10 ID:WjCvx2QL
第一次大戦で榴弾が多用されてその被害が大きかったので
榴弾の破片を防げる程度というのが今のヘルメットやボディーアーマーのだいたいの基準

22 :名無しのひみつ:2013/05/09(木) 00:41:42.47 ID:5v0t0+yR
絶対零度!相手は死ぬ
みたいなクールな兵器はまだか


26 :名無しのひみつ:2013/05/09(木) 00:50:28.53 ID:+0iff5HV
砂ぼうずの装備そのもんじゃん


36 :名無しのひみつ:2013/05/09(木) 03:12:18.98 ID:b90/Htw3
 2.レーザー距離計・GPS・レーザーリングジャイロを使用した歩兵の観測兵化

 1)砲兵は射程が東京-横浜の距離を越えて、砲側からの視界の外を撃っている
          ↓
 2)「砲兵所属の前進観測兵」を前方派遣しているが、歩兵からの「前方の敵を撃ってくれ
   座標は05-40」に対して05-40を観測しても敵が見えない(碌な観測機器がない歩兵の観測間違い)
          ↓
 3)歩兵分隊7-10人の分隊長に、レーザー距離計・GPS・レーザーリングジャイロ内蔵の
   スコープを持たせ、「歩兵総観測兵化」を目指した
-------------------------
 3.敵味方位置&指令のマップ表示と、生命診断・生体認証機構
   
 1)無線で座標で敵味方の位置や命令を伝えているが、わかりにくく、しばしば
   現実にはその座標に敵が居らず、移動してたり、計測間違いだったりする
          ↓
 2)タブレットに敵味方位置&指令をマップ表示すればわかりやすいが
   分隊長が戦死して、敵にタブレットを奪われたら、味方の情報が筒抜けになる
          ↓
 3)そのために、タブレット使用者の生死・生体認証をする機構我必要になった
-------------------
 ■OICW 分隊長用小銃
  1)熱赤外線暗視/通常スコープ
  2)レーザー距離計/リングジャイロ方位仰角計/GPS
  3)20mm擲弾銃
  4)小銃(騎兵銃) が一体になった 分隊長小銃
  ----
  5)分隊長用 生体センサー付きタブレット
  6)電源システム を開発した
------------------
現状 重くなりすぎ、また20mm榴弾の威力不足、軍事費削減で予算不足もあって
   配備は見送られてしまった

   http://ja.wikipedia.org/wiki/XM29_OICW

   
41 :名無しのひみつ:2013/05/09(木) 04:06:22.32 ID:pS3CaswE
なんか最近の装備はジャングルや長距離行軍を意識したものじゃないよな
まあ、アメリカ軍は中東にシフトしてるんだからしょうがないけどな

44 :名無しのひみつ:2013/05/09(木) 04:32:08.14 ID:b90/Htw3
>>41
まあ、ジャングルというか、森林・山岳戦闘なら
ビッグドッグだろうけどね
http://www.youtube.com/watch?feature=fvwp&v=xqMVg5ixhd0&NR=1
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0

M120 120mm迫撃砲を森林で運搬して位置変換したり
道路から森林内の迫撃砲への弾薬輸送に使えば役に立つんじゃないの?

それに、日本は老人国になったから、老人兵の活用も考えねばならず
できるだけ機械化歩兵にすべきで

「20kmまで戦場タクシーで送るけど、そこから先は歩いて行軍しろ」というより
増税して予算を増やしてでも、装甲車を自家用車的に使えるくらい、装甲車を
増やすべきじゃないの?軽装甲機動車はそれに近いけどね


43 :名無しのひみつ:2013/05/09(木) 04:18:44.48 ID:C+c/hDz9
パワーアシストスーツ(HAL)がない





【正規代理店品】 UP by Jawbone ライフログ リストバンド ミディアム オニキス ALP-UPM-OX
【正規代理店品】 UP by Jawbone ライフログ リストバンド ALP-UPM-OX 




 十徳ナイフレベルの万能さを誇る中国の多目的軍用シャベル「WJQ-308」
十徳ナイフレベルの万能さを誇る中国の多目的軍用シャベル「WJQ-308」